古着買取で高く売るコツとは?査定の前にアイロンかけた方がいい?

古着買取で高く売るコツとは?査定の前にアイロンかけた方がいい?

 

季節の変わり目になると、新しい服を買いたくて、古着を処分することを考えますね。
そういった場合に、いかに良い査定をゲットして買取価格を高く設定してもらうか、というためのコツを考えてみましょう。

 

まず、きちんと丁寧なクリーニング、または洗濯がしてあることは必須です。
襟や袖の汚れ、飛沫のシミや日焼けの変色などは論外です。
まず、そんな服を店頭で観たときに、自分は手に取って、お金を払って買うだろうか、ということを基準にして分別していきましょう。
そして、売るのでなければ、手元に残しておくか、廃棄するかという処理を考えましょう。古着屋の査定に出すものが決まったら、できるだけきれいな状態に戻す手入れをします。
洗濯後のしわや、畳んで収納していた跡などもキレイに延ばして印象を良くすることが、査定価格のUPにもつながるのです。パンツのセンタープレスやシャツの襟をはじめとして、フラットな布のものは当て布をして一通り丁寧にアイロンをあてましょう。

 

さらに、ニットはしわ取りだけでなく、その表面の繊維を整えるために少し浮かせた状態でアイロンのスチームを当て、ふっくらともどします。
スチームには収納していた間についた防虫剤などの匂いを軽減してくれる役割もありますので、全体的にたっぷりとかけてから、陰干しをして温みと湿気を飛ばします。
査定に出す際には、お店で行われているような畳み方をまねして、余計な皺がつかないように畳んでおきましょう。
そうして見た目が整うと、それだけでも服の価値は上がるものなのです。同じものをより高く買取してもらい、次のオシャレの予算を増やすためにも、ちょっと頑張ってお手入れをしてみてください。